地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、狭山市地域ポータル「さやまルシェ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

狭山市地域ポータル「さやまルシェ」

高病原性鳥インフルエンザに係る防疫措置の完了について

市内の採卵鶏農場において確認された高病原性鳥インフルエンザにおける移動制限区域つきましては、2023年1月25日00時00分に解除されました。
これに伴い消毒ポイントも閉鎖されました。
市民の皆様には、高病原性鳥インフルエンザについて正しい知識を持って、冷静な対応をお願いします。
なお、鳥インフルエンザは、感染した鳥との濃密な接触がなければ、人へ感染することはありません。
また、我が国の現状においては、鶏肉や鶏卵を食べることで、鳥インフルエンザが人に感染する可能性はないと考えられています。

ウイルス感染防止対策として
(1)野鳥の死体に近づかない
(2)野生動物に近づかない
(3)畜舎などへ近づかない 等に
ご協力お願いします。

農場の概要

所在地:狭山市内
飼育羽数:116,633羽
動員人数
延べ1,922人(県職員、市職員、関係団体)

経過

1.2022年12月29日、当該農場から川越家畜保健衛生所に異常(死亡羽数の増加)の通報があり、家畜防疫員が立入検査を実施しました。
2.当該農場の死亡鶏及び飼養鶏についてA型インフルエンザ簡易検査を実施したところ、13羽中13羽が陽性でした。
3.2022年12月30日、当該鶏について遺伝子(PCR)検査を実施した結果、H5亜型と判明しました。
4.この結果について埼玉県より農林水産省に報告し、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であると判定されました。
5.2022年12月30日、狭山市農村環境改善センターを消毒ポイントとして設置、狭山市奥富環境センターを緊急消毒ポイントとして設置しました。
6.2022年12月30日、8時から埼玉県により飼養鶏の殺処分が開始されました。
7.2023年1月2日、9時50分に殺処分が終了しました。
8.2023年1月3日、23時30分に防疫措置が完了しました。
9.2023年1月4日、6時に緊急消毒ポイント(奥富環境センター)を閉鎖しました。
10.2023年1月20日、0時に搬出制限区域を解除しました。
11.2023年1月25日、0時に移動制限区域を解除しました。

市の対応

1.狭山市鳥インフルエンザ緊急対策本部にて、県の要請に基づく市の対応等について情報共有を図っています。
2.防疫対応職員の集合施設開設:農村環境改善センター
3.消毒ポイントの設置(畜産関係車両の消毒)

  • 奥富環境センター (狭山市上奥富897-1)
    2022年12月30日8時から開始 24時間体制
    2023年1月4日6時閉鎖
  • 農村環境改善センター(狭山市大字堀兼360)
    2022年12月30日9時から開始 6時から17時まで
    2023年1月25日0時閉鎖

4.防疫支援措置:県の要請に基づき、市職員を防疫作業員として派遣します。

鶏肉・鶏卵は安全です

日本の現状においては、食品(鶏肉や卵)を食べることにより、高病原性鳥インフルエンザが人に感染する可能性はないものと考えています。

死亡した野鳥を見つけたら

死亡した野鳥を見つけた場合には、絶対に手を触れずに、直ちに狭山市環境課、または埼玉県西部環境管理事務所に連絡してください。
狭山市環境課(電話:04-2953-1111)
埼玉県西部環境管理事務所(電話:049-244-1250)
埼玉県HP「野鳥における鳥インフルエンザについて」
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0508/tyouzyu/toriinfuru.html(外部サイト)
埼玉県HP「西部環境管理事務所」
http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b0502/(外部サイト)

関連情報(外部リンク)

埼玉県HP「高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認について(県内2例目)」
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0908/news/page/news20221230.html(外部サイト)
農林水産省HP「鳥インフルエンザに関する情報」
https://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/(外部サイト)

報道機関へのお願い

現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれがあること、農家の方のプライバシーを侵害しかねないことから、厳に慎むようご協力をお願いします。
特にヘリコプター、ドローン等を使用しての取材は、作業員相互の連絡に支障をきたし、防疫作業の妨げとなりますので、厳に慎むようご協力をお願いします。
県現地機関、市等への取材は防疫措置の遅れにつながるため、慎んでいただきますようお願いします。
今後とも、本病に関する速やかな情報提供に努めていきますので、生産者等の関係者が根拠のない噂により混乱することがないよう、御協力をお願いします。