地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、狭山市地域ポータル「さやまルシェ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

狭山市地域ポータル「さやまルシェ」

どんなに暑くてもワンちゃんの体にホースなどで水をかけないようにご注意ください

 ペットフードCoCo狭山のニュース

どんなに暑くてもワンちゃんの体にホースなどで水をかけないようにご注意ください
おはようございます。
今日から数日間猛暑日になるとの予想もあり暑い日が続いておりますがワンちゃんネコちゃん、オーナー様も水分の補給や温度管理にご留意ください。今日はこの暑い時期にやりがちながら、実は命に関わる危ない行為についてご案内しておきたいと思います。

この時期は朝夕、またお散歩した後などにホースで水を撒かれる方も多いのではないでしょうか?その際、ワンちゃんも暑いだろうと水遊びをするような感覚でホースの水をかけてしまうことがあるかもしれませんが、これが場合によっては命に関わることがあります。特に毛が長い犬種や毛がモコモコしている犬種などは特に注意が必要です。というのは、たしかに水をかけた直後は温度が下がり涼しく感じるものの、その水分が蒸発する際の水蒸気が毛の間(中)にこもってしまい熱を逃がせずに熱気で体が蒸れて熱射病になってしまうことがあるそうです。また毛が短い犬種なら良いのかというと、それはそれで心臓などが急に冷やされることにもなるのでやはりおすすめはできないようです。

じゃあ暑そうにしていてもどうしようもないのか、というとそうではありません。毛がほとんど無い足首の辺りにだけ水をかけてあげるのは大丈夫です。または水を入れた洗面器に少し足を浸けてあげるだけでも良いですし、ワンちゃんが嫌がらなければ同じく毛の少ない顔周りに霧吹きなどで少しかけてすぐに拭いてあげてください

ちなみに、私はこれをどこで教わったかというと昔働いていた動物園で「ラマ」という動物を飼育していた時です。本来高山地帯に住み厚い毛皮を持つ「ラマ」は日本の夏はやはりきびしく、涼しくしてあげたいものの、「体に水をかけたら死んじゃうから絶対にやらないで!」と先輩からきつく注意をされました。「水をかけるんだったら足首だけか、もしくはずぶ濡れになるくらいまでかけないとダメだから」とのことなので足の部分にホースで水をかけてあげると、とても気持ちよさそうにして、毎日水かけ(られ)待ちのラマの行列ができるのが夏の風物詩の一つでした。(そのため夕立とか日中の天気雨で少しだけ濡れた時などは完全に乾くまで日陰にいさせるなど神経を使いました)

「ペットフードCoCo」は基本フードのみの取り扱いで用品は置いていないのですが、シーズン商品として現在「ハーブロックスプレー」だけ置いてあります。これは以前働いていたお店でとても評判が良かった商品で、1本で冷却と虫よけ両方の効果があるものです。気になる方がおりましたらぜひお手に取ってお確かめくださいませ。
もっといろいろ[ドッグフード・キャットフード販売]

ペットフードCoCo狭山

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。