地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、狭山市地域ポータル「さやまルシェ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

狭山市地域ポータル「さやまルシェ」

NPO法人さやま保育サポートの会

NPO法人 さやま保育サポートの会

NPO法人さやま保育サポートの会とは

代表挨拶

諏訪代表
諏訪代表

NPO法人さやま保育サポートの会は、狭山市の子育て支援を目的に、2006(平成18)年1月10日に設立された非特定営利法人です。
保育サポートの活動として、保育に困ったときの駆け込み寺・よつばのおうち(一時保育・月極め保育)を3月18日に開設し、合わせて地域の子育て中の母親のたまり場も提供してきました。
2008年10月1日に子育てプレイス奥富を狭山市から受託して以来、地域子育て支援の活動はすべて子育てプレイス奥富に委ねています。
従来から実施してきた講座などの研修・研究活動を事務局から分化させるため、2010年5月の総会で保育サポート研究所の設置を決め、2011年4月から活動しています。
狭山元気大学パパママのお助け隊講座等の研修活動に加えて、明星大学時代から私が主宰していた保育の感情労働研究会を継承して、研究会のほか学会報告など種々の研究活動を展開しています。
ご連絡・お問い合わせは、下記の電話・メールアドレスにお願いいたします。

連絡先

よつばのおうち(事務局・研究所)
TEL.0429-57-0451
E-mail.rocco@tbg.t-com.ne.jp
子育てプレイス奥富
TEL.0429-52-6801
E-mail.k.p.okutomi@sky.plala.or.jp
保育サポート研究所
TEL.0429-57-0451
E-mail.Ksuwa0824@snow.ocn.ne.jp

事業目的

この法人は、子育て中の親たちに対し「孤立感を受けとめ、お互いに支えあう場」を提供し、次世代育成の視点から広汎な地域子ども支援の場を設ける。
又、働く親を持つ低年齢児などを対象に、家庭的で温かい保育を提供できる保育サポーターの養成に努め、人間性豊かに成長できる地域社会を創造し、地域福祉の増進に寄与することを目的とする。

事業内容

  • (1)子育て保育サポートを中心とした福祉事業
  • (2)健やかな生活を送るための学習会・講演会・イベント等啓蒙普及事業
  • (3)地域のふれあい促進、次世代育成のための情報提供事業
  • (4)次世代保育サポーターの養成を中心とした事業

沿革

平成18年3月18日保育室「よつばのおうち」事業開始。当初一時保育で開始するが、まもなく月極保育も加える。障害児の預かりが多かった。秋よりひろば活動開始。
平成19年3月1日障害児生活サポート事業団体認定。
平成19年度より家庭保育室認定〈3名〉
平成19年度独立行政法人福祉医療機構助成事業「よつばのおうち子育て支援基金事業」
平成20年10月1日狭山市より子育てプレイス奥富受託。
よつばのおうちの「ひろば活動」休止。
平成21年12月保育室「よつばのおうち」拡張。
平成22年度より「よつばのおうち」家庭保育室認定9名となる。
平成22年度独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業「さやまの子育て支援ネットワークづくり」
平成23年度より保育サポート研究所開設。
平成24年5月「狭山の子育て支援ネットワーク」設立.当会代表理事諏訪きぬが代表となる。

組織図

市民センター

役割分担

事業名担当理事等関連事項
事務局・総務諏訪きぬ/田島珠子/横田武雄/佐藤洋子/浪岡満子会の運営に係る事務的事項の処理等
保育サポート事業
*よつばのおうち
佐藤洋子/宮﨑雅代/(竹内まり子)よつばのおうちの運営
子育てサポート事業
*子育てプレイス
横田武雄 /浪岡満子/(清水律子)/諏訪きぬ子育てプレイスの運営
スタッフ会議開催等
保育サポート研修事業
保育サポート研究事業
*保育サポート研究所
諏訪きぬ/(高橋菊野・石川まちゑ ・ 小川房子)保育講座等の企画・運営等
研究会の開催

定款

NPO法が定款に記載しなければならない事項として規定している事項は下記の14事項です。
狭山の保育サポートの会の活動に関心をお持ちの方は、定款をお読みのうえで、会員になって下さいますようお願いいたします。

1.目的
2.名称
3.その行う特定非営利活動の種類及び当該特定非営利活動に係る事業の種類
4.主たる事務所及びその他の事務所の所在地
5.社員の資格の得喪に関する事項
6.役員に関する事項
7.会議に関する事項
8.資産に関する事項
9.会計に関する事項
10.事業年度
11.その他の事業を行う場合には、その種類その他当該その他の事業に関する事項
12.解散に関する事項
13.定款の変更に関する事項
14.公告の方法

会員になりませんか?

会員には、正会員と賛助会員があります。会員は会費による会の運営への支援と共に、会の活動に参加することができます。

NPO法人さやま保育サポートの会だより

NPO法人さやま保育サポートの会たよりは、会発足以来、会員に向けて会の活動報告として発行してきました。現在は年4回の発行とし、会員だけでなく、会の活動を知っていただくために、活動を支持してくださる方々や行政関係者、施設の利用者の方々、研究会のメンバー等にもお届けしています。

NPO法人さやま保育サポートの会だよりがダウンロードできます

NPO法人さやま保育サポートの会だより

NPO法人さやま保育サポートの会は、定款に基づいて年1回の通常総会を開催するとともに、必要に応じて臨時総会を開催しています。
通常総会は毎年5月に開催し、
1)前年度の事業報告及び収支決算
2)次年度の事業計画及び収支予算
3)役員の選任又は解任、補充
4)その他
等の事項について決議しています。

<総会議事録 住所等一部省略>

さやまの子育て支援ネットワークづくり事業

NPOとして取り組んだ事業の一つにさやまの子育てネットワークづくりがあります。
2010(平成22)年、独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興事業の助成を受けて、狭山市内にある子育て支援団体のネットワークをつくる活動に取り組みました。
その活動は報告書にまとめてあります。その活動に参加してくれた子育て支援(子育てひろば型)団体を中心に、2012年5月26日、さやま子育て支援ネットワークが立ち上がり、現在30団体が加盟して活動しています。当法人からは、よつばのおうちと子育てプレイス奥富が加盟しています。

過去記事がご覧いただけます。

報告書がご覧いただけます。