地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、狭山市地域ポータル「さやまルシェ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

狭山市地域ポータル「さやまルシェ」

西口だもの

福島原発被災地復興支援フェスタ2013

ご当地グルメやせんだん太鼓の演奏、相馬野馬追行列などもりだくさん!

2013/11/07

秩父の山並みも望める空中デッキ
秩父の山並みも望める空中デッキ
狭山市の中央部に位置する狭山市駅。ここ数年で変貌を遂げてきました。
空中デッキが存在感を示す開放感あふれる街並み。便利な公共施設を利用したり、ショッピングに立ち寄ったり。だって、私たちの西口だもの…。
西口の様子を、様々な角度からお届けします。

福島の魅力溢れる企画が満載!

2013年10月13日(日)、ジョイライフさやま・社会福祉協議会富士見支部の共催の、福島原発被災地復興支援フェスタ2013が狭山市駅西口市民広場で開催されました。

復興支援の物産販売をはじめ、福島県双葉郡浪江町で生まれたご当地グルメの「浪江やきそば」、せんだん太鼓の演奏、相馬野馬追行列など、原発事故により避難を余儀なくされた地域の文化を伝えるイベントとなりました。
開始からたくさんの人で賑わっており、物産販売は大変人気で早い時間に売り切れてしまいました。

双葉町で活動をしてきた標葉せんだん太鼓保存会による和太鼓の演奏。迫力ある和太鼓の音にみなさん足を止めて聞き入っていました。
相馬野馬追行列では、中央公民館の跡地から市民広場まで、なんと馬も車道を歩くというパフォーマンスが見られました。馬にまたがっている武者は本場の相馬から来られました。最初は馬達も人混みの中を歩くことに驚いていましたが、慣れている騎馬武者の手腕で無事に市民広場までたどり着いたのでした。ほら貝の笛を吹く様子は初めて見る人が多く、みなさん興味津々。乗馬体験も盛況でした。
「浪江やきそば」の浪江町や、「せんだん太鼓」の双葉町は現在、帰還困難区域に指定されています。震災からの復興は終わっていません。故郷を離れなくてはいけなくなってしまった方もたくさんいらっしゃいます。そこにあった文化を伝えていくためにも、このようなイベントは意義のあることではないでしょうか。

PICK UP 狭山のお店 ~グルメ~