地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、狭山市地域ポータル「さやまルシェ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

狭山市地域ポータル「さやまルシェ」

西口だもの

ぶらり、狭山市駅西口広場散策

2013/07/26

秩父の山並みも望める空中デッキ
秩父の山並みも望める空中デッキ
狭山市の中央部に位置する狭山市駅。ここ数年で変貌を遂げてきました。
空中デッキが存在感を示す開放感あふれる街並み。便利な公共施設を利用したり、ショッピングに立ち寄ったり。だって、私たちの西口だもの…。
西口の様子を、様々な角度からお届けします。
スッキリとした青空でないのが残念ですが、
ちょっと時間ができたので、駅前から西口市民広場周辺をぐるりと一周してみました。


階段の横に、なんだか丸っこいものを発見!<br>「なんだろう~」と、近づいてみると……
階段の横に、なんだか丸っこいものを発見!
「なんだろう~」と、近づいてみると……

小さく「彦星」とだけ刻印された彫刻です。

少し離れた場所に「織姫」もいました。


この2つは、狭山市内に暮らしている彫刻家、奥野誠さんの作品です。
もう少し歩いた場所に、可愛らしいプレートを発見!
やはり市内在住の童絵作家、池原昭治さんの絵で、こちらも七夕をイメージしたもの。
入間川七夕まつりの由来などが解説されています。
いつ見ても、ほのぼのさせてくれるイラストです。
いつ見ても、ほのぼのさせてくれるイラストです。



さぁ~て、これは何でしょう?
さぁ~て、これは何でしょう?

こんな所にも…
似たような?ものが。

よ~く見ると、タイル画です。

西口再開発の際に削られた土で作ったタイルに、市内の小中学生や市民、七夕まつりにいらした方などに絵付けをしてもらった5000枚ほどの「思い出タイル」が、広場の随所に飾られています。

絵付けをした覚えのある方は、自分の作品がどこにあるか、ぜひ、探してみてください!


最後は、
空に向かって、ぐ~んと伸びをしているような時計台。

スカイテラスや駅前広場デッキの上、市民広場側からも、時計がよく見えるようにデザイン・配置されています。

この周りは、市民の憩いの場となっていました。
みなさんも、狭山市駅西口で、ちょっと時間ができたなら、ぐるりと散策してみてください。