地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、狭山市地域ポータル「さやまルシェ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

狭山市地域ポータル「さやまルシェ」

西口だもの

狭山市駅西口市民広場

交流イベントにも有効活用を

2012/06/01

秩父の山並みも望める空中デッキ
秩父の山並みも望める空中デッキ
狭山市の中央部に位置する狭山市駅。
その西口が変貌を遂げようとしています。
空中デッキが存在感を示す開放感あふれる街並み。便利な公共施設を利用したり、ショッピングに立ち寄ったり。だって、私たちの西口だもの…。
2012年に完成予定の変わりゆく西口の様子を、様々な角度からお届けします。

入間川商店街方面への通行や、イベント開催での市民交流に

狭山市駅西口駅前広場から入間川商店街へと続く「狭山市駅西口市民広場」。この市民広場は、安全な歩行者空間をつくるとともに、緑あふれる憩いの場として、また様々な交流イベントの場としても利用ができます。
ベビーカーや車イスをお使いのみなさんも、スロープがありますので安心して通行ができますね。危険防止のため、自転車の乗り入れは禁止です。自転車は、必ず降りて通行しましょう。
イベントや団体・サークル活動の発表、フリーマーケットなど、詳しい利用方法はこちらをご覧ください。
3月31日に行なわれたオープニングイベントは、あいにくの雨模様で、時間を短縮して行なわれました。

仲川幸成狭山市長
「市民広場をオープンすることができました。多くの方のご支援によるものです。ありがとうございます。
入間川の大きなお祭り「たなばたまつり」をモチーフに、七夕にちなんだ趣向を凝らしてあります。高低差を活かし、緑を眺める坂の街、入間川を代表する素晴らしい広場になりました。思い出タイルは生涯に渡って記憶に残るでしょう。
今日はオープニングセレモニーができますことに感謝します。7月の市民交流館オープンにもぜひお越しください。市民のみなさんの力で盛り上げていただきたく、お願い致します」
思い出タイルは、子ども達を中心に好きな絵を描いた10センチ角のタイルが、広場に埋め込まれているものです。
狭山市駅西口再開発の工事が進んでいるころ、地区内から採取した土を利用して作ったタイルですので、これを描いた小学生はいまは中学生!?
自分の描いたタイルを探してみてくださいね。
模擬店はお昼頃から始まり、たくさんの方が詰めかけました。
さといもコロッケや堀兼のピザは、この日も大人気!
里芋のピザもおいしいのですが、地元でとれた枝豆を乗せたピザもおすすめだとか。石窯で焼かれた熱々のピザはとても美味しかったです!

入間川商店街方面への通行が便利になっただけではなく、イベント開催による市民交流の場としても活用可能な市民広場。みなさま、ぜひご活用ください。