地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、狭山市地域ポータル「さやまルシェ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

狭山市地域ポータル「さやまルシェ」

景観地50めぐり

景観地13 七夕通り

狭山最大の夏の風物詩は見逃せない!

2013/06/03

七夕通りを訪ねて

せっかく行くなら「入間川七夕まつり」当日に!
ということで、行って来ました「七夕通り」。
狭山市駅の西口から少し歩くと、華やかに彩られた「七夕通り」に出迎えられました。さすが、関東三大七夕まつりの一つと言われているまつり当日は、多くの人で賑わっています。
1.5kmほどの通りを歩いて、歩いて、その数100本を超えるカラフルな竹飾りが次から次へと頭上に現れます。これらは全て商店街や地元企業の方などの手作りだそうです。上の丸い部分はもちろんですが、長く垂れ下がっている吹き流しまで1つ1つじっくり眺めてみると結構凝った作りになっています。
折り紙の作品がびっしりと貼り付けられているもの、願い事を書いた短冊を付けたもの、折り鶴が連なっているものなどなど。
夏の花たちが満開!
夏の花たちが満開!
よく見ると折り鶴で作られています
よく見ると折り鶴で作られています
池原昭治さんの童画がかわいい
池原昭治さんの童画がかわいい
メッセージが込められたものも
メッセージが込められたものも
華やかな竹飾りをくぐり抜けて進むと、これまた竹飾りに頭を撫でられながらの鼓笛隊パレードや民踊流し、盛大な阿波踊りの行列を見ることもできます。
沿道には様々な出店、そして、夜には竹飾りのライトアップと花火まで楽しめて、お祭り気分は絶好調!夏の風物詩を一度に味わうことができました。
毎年8月上旬の週末に開催されますので、みなさんもぜひ足を運んでみてください。

狭山市の景観地50については↑こちらから ※PCのみ
(狭山市の公式ページが開きます)
イラストマップのダウンロードは↑こちらから ※PCのみ
(狭山市の公式ページが開きます)
狭山市では、2004年に迎えた狭山市制施行50周年を記念して、市内の景観が優れた場所や施設を広く市民から募りました。3000件を越える応募の中から50か所を選び、制定したのが「狭山市の景観地50」です。
 お茶香るまち狭山市の、豊かな自然や文化財など、素晴らしい景観をひとつずつ訪ねていきます。