地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、狭山市地域ポータル「さやまルシェ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

狭山市地域ポータル「さやまルシェ」

生涯学習情報コーナー

生涯学習情報コーナーからのお知らせ

サークル体験記『狭山オカリナクラブ』

2014/10/04

中央公民館で活動中の楽器演奏サークルを取材してきました。

2005年に狭山市文化団体連合会のオカリナ好きのメンバーによって発足した会です。
オカリナは粘土を焼いて作った、ガチョウの形をした笛です。
両手の指で10~12個の穴を開閉しながら吹きます。
各種のイベントで演奏するほか、病院、福祉施設などで日ごろの成果を発表しています。
「オカリナを吹いて健康になろう」をモットーに、明るく楽しく活動しています。

毎月第2、第4 土曜日 18:00~21:00<br>会員数 12名<br>年代構成 50代~80代<br>入会金2000円 会費2500円/月<br>会員募集中!
毎月第2、第4 土曜日 18:00~21:00
会員数 12名
年代構成 50代~80代
入会金2000円 会費2500円/月
会員募集中!
リズミカルに「異邦人」を合奏する女性会員。
リズミカルに「異邦人」を合奏する女性会員。
2人の講師が温かい眼差しで見守る。<br>時には厳しいこともあるそうな・・・。
2人の講師が温かい眼差しで見守る。
時には厳しいこともあるそうな・・・。
懐かしい「荒城の月」を演奏しています。
懐かしい「荒城の月」を演奏しています。
仲間の演奏を傾聴。
仲間の演奏を傾聴。

会員が感じていること

・好きなことを10年続けていられるのは、皆さんがとても親切だから。
・オカリナは息を吹き込むので自然と姿勢も良くなり、健康にとても良い楽器です。

珍しい3連管オカリナを吹く講師。<br>3連管オカリナは3つの吹き口を持った独特の形をしており、3オクターブの広い音域をもつのが特徴。
珍しい3連管オカリナを吹く講師。
3連管オカリナは3つの吹き口を持った独特の形をしており、3オクターブの広い音域をもつのが特徴。
オカリナの種類<br>①低い音の出る大きなバスC管(左上)<br>②手のひらサイズの標準的なC管(右)<br>③少し小さく高音が出るF管    (下)
オカリナの種類
①低い音の出る大きなバスC管(左上)
②手のひらサイズの標準的なC管(右)
③少し小さく高音が出るF管    (下)
秋にふさわしい「枯葉」の譜面
秋にふさわしい「枯葉」の譜面

入会希望者への一言

・土の笛「オカリナ」は、素朴で哀愁の漂う音色を奏でます。ぜひ一緒に楽しみましょう。
・初心者でも大丈夫、まずは見学をお待ちしています。
・狭山オカリナクラブは、いい人がいっぱいいて楽しいクラブですよ。(講師のお話)
懐かしい、ナット・キング・コールが歌って大ヒットした<br>「It's Only A Paper Moon」を男性4人で合奏。
懐かしい、ナット・キング・コールが歌って大ヒットした
「It's Only A Paper Moon」を男性4人で合奏。

体験して感じたこと

今年は7月の独奏会、今回の合奏、そしてさらに3連管オカリナを聴くチャンスに巡り合い、オカリナ演奏に親しむことができました。
それぞれ、オカリナの持つ素朴な音色は、自然の中で木漏れ日が差し込むような優しい温かさを感じさせます。
オカリナの演奏をバックミュージックに、さまざまなお話を聞かせて頂き、心地よい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。

訪問日9月28日(日) 体験者 情報コーナー案内人 M.A

ビデオ紹介

制作:ちゃっぴぃなかま

お問い合わせは

生涯学習情報コーナーまでご連絡ください
TEL:04-2937-3621