地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、狭山市地域ポータル「さやまルシェ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

狭山市地域ポータル「さやまルシェ」

生涯学習情報コーナー

生涯学習情報コーナーからのお知らせ

サークル体験記『絵手紙ひよっこの会』

2015/03/23

狭山台公民館で活動中の絵手紙サークルを取材してきました。

「へたでいい へたがいい」が絵手紙のフレーズです。
だれもが持っている個性、その才能がにじみ出てきます。
絵手紙を描くことでものの見方が変わり、感動が湧きあがってきて言葉が生まれてきます。
絵手紙を受け取った方は、真心のこもった絵をみて、素直な気持ちになり、ほっとします。
絵手紙を通じて心豊かな人生を楽しみませんか?
毎月第1、4 月曜日  13:00~16:00<br>会員数 11名<br>年代構成 60代~80代<br>入会金 1000円 会費 1000/月<br>会員募集中!
毎月第1、4 月曜日  13:00~16:00
会員数 11名
年代構成 60代~80代
入会金 1000円 会費 1000/月
会員募集中!
まず、筆を垂直に立て線を引き始めます。
まず、筆を垂直に立て線を引き始めます。
机には、カブ、ピーマン、イチゴが並んでいます。<br>文章が書き込まれ感動が生まれます。
机には、カブ、ピーマン、イチゴが並んでいます。
文章が書き込まれ感動が生まれます。

会員が感じていること

定期的に月2回会うことは、それだけで意味があります。
季節の移り変わりを感じながら、描き言葉を添える。
仲間の描いた作品を鑑賞し、お互いに感想を交わすことは、サークルの目的でもあると思います。
絵手紙の展示会。(絵手紙ひょっこの会のダイナミックな作品群)
絵手紙の展示会。(絵手紙ひょっこの会のダイナミックな作品群)
真剣に取り組む姿。なにを描いてるのか、文書が早く読みたくなります。
真剣に取り組む姿。なにを描いてるのか、文書が早く読みたくなります。
水仙の花に黄色の色彩が、きれいです!
水仙の花に黄色の色彩が、きれいです!

入会希望者への一言

・うまく描く必要はないのです。大きく大胆に子供の気持ちで描くだけです。
・雑談しながら楽しく描いて絵手紙を出しましょう。
・絵手紙を受け取った人は、大変喜んでくれます。あなたも描いてみませんか。
講師は、誕生日を迎える人に、いつも絵手紙を書いて渡すそうです。<br>文章は、絵を描いていくうちに沸いて出てくるそうです。<br>文章を読み進めるみなさんの顔が素敵な笑顔に変化していました。
講師は、誕生日を迎える人に、いつも絵手紙を書いて渡すそうです。
文章は、絵を描いていくうちに沸いて出てくるそうです。
文章を読み進めるみなさんの顔が素敵な笑顔に変化していました。
一番右側の筆の材料は葛の木、<br>あじさいの茎で作った筆など<br>多種多様な筆を使い分けています。
一番右側の筆の材料は葛の木、
あじさいの茎で作った筆など
多種多様な筆を使い分けています。
机に色数豊富な絵の具が並ぶ。<br>水差し、硯、筆、梅皿、水など。<br>季節を届ける絵手紙の必需品。
机に色数豊富な絵の具が並ぶ。
水差し、硯、筆、梅皿、水など。
季節を届ける絵手紙の必需品。

体験して感じたこと

一枚のハガキに思いを込めて!
パソコンの普及で直筆の手紙を書く機会が減ってきている今、真心こめて書いた絵手紙は、新鮮な喜びや感動を伝えてくれます。
温もりが感じられる手作りの作品は、届いた絵手紙を嬉しそうに眺めていた亡母の顔を、懐かしく思い出させてくれました。
絵手紙には、人を素直な優しい気持ちにさせ、楽しいことが溢れ出てくるような魅力を感じました。

訪問日 3月23日(火) 体験者 情報コーナー案内人  M.A

ビデオ紹介

制作:ちゃっぴぃなかま

お問い合わせは

生涯学習情報コーナーまでご連絡ください
TEL:04-2937-3621